推しと共に生きていく

推し事、時々、日常のこと

六月になりましたね。

こんにちは。
はやいものでもう六月ですね。

いよいよ本格的に梅雨が始まると思うと憂鬱でなりません。




さて、先週末、推しくんに会いに行ってきました。


なんでしょう。

前より、対面したとき緊張しなくなりました。


所謂、「慣れ」だとお思いますが、
慣れてよいものなのでしょうか。


友人は、

「いつになっても慣れない。
毎回ドキドキする。だってかわいいんだもん。」


と言っていまして。

推し(男)よりあなた(男)のほうがよっぽどかわいいと言いそうでした。




基本的にドライな人間だという自覚はありますが、最初の初々しかった私はどこかへ旅へ出たのでしょうかね。

海外俳優や生涯一番と言い続けている俳優の彼の前だと、今でも同じなのですが。


アイドルとオタクの距離感って非常に難しいですね。



今週末、また会いに行こうと思っているのでこのこともふんわりお話できるかな。


推しくんのことは変わらず好きです。




それでは、また。